• ヤマモトマユミ

これから生き残れる人の特徴




商品づくりをしたり、専門性を明確にするときには、自分の専門性は周りと似かよっている、自分がやろうとしている事はすでに周りもやっている、自分にしかできない事をいくら考えても、自分よりも出来る人はいっぱいいる。


また、差別化や他との違いを明確にするキャッチコピーや、専門性を考えても、真似されたり、似たようなことをすでにやっている人がいる、ということも多いです。



あなたはどうですか?


そんな時代になった今、これから生き残れる人は、差別化に頼らない、口コミを生み出してくれるようなオリジナルのブランド力を身につけることが重要です。



ブランド力を一言で言えば、「自分の誇りを表現したもの」です。


あなたの専門性や肩書きといわれる名称のほかに、あなたがお客様に関わる時に、一貫性のある文化や、スピリット(精神)があることが重要だということです。


キャッチコピーや肩書きは、ただの看板や名称であって、それだけではブランドとは言えません。


ブランド力がある人は、その場にいるだけで、もしくは、話しはじめるだけで、その場に毎回同じ雰囲気が生まれて漂ってきています。


そういった雰囲気や空気感、場のエネルギー、ビジョンやミッションから生まれる文化、スピリット(精神)がしっかり定着してあるのか?


その存在やあり方が、一貫性のあるキャッチコピーや肩書きの看板にしっかりとのしかかり、後に口コミを生み出すほどの重要なブランドになります。


もちろんですが、キャッチコピーや肩書きの看板の響きが、新鮮さや斬新さがあったとしても、その人の存在との一貫性と、それがその人の看板として浸透できるほどの根拠がなければ、口コミは生まれません。


多くの方がチャレンジする集客方法が似通ってしまっている昨今、あなたから生まれる個性や文化、スピリット(精神)をどのように表現していけるのか、それをブランディングといいます。


商品を売ることを考える前に、自社のブランドにおいて、「○○といえばあなた」として広まっているか?


買ってくださった顧客が、あなたからお願いされなくても、「○○ならあなた」を陰で薦めているのであれば、顧客は増えていきます。


自然口コミが増えていないなら、あなたが選ばれる理由を見直してみてください。




ヤマモトマユミ






ヤマモトマユミLINE公式アカウント

ビジネスも恋も自由自在の思考法 >


 

Copyright © 2017 SEMPRE. All Right Reserves.